スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング参加中です。クリックで応援してくださいね→にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
Windowsの記事が多いのでWindowsカテゴリに参加中です。

一目で分かるWindows7アップグレード早見表!!

通常版を買うよりもアップグレード版を購入した方が安いWindows7ですが、
条件が満たされないとせっかく購入しても上書きインストール
(データを残したままアップグレード)ができず、新規インストール
(データ消えちゃう)することになったりします。

というわけで今回はアップグレード早見表を用意しました。

win7_up.jpg
画像はマイクロソフトのサイトからお借りしてきました。

●: アップグレード(上書きインストール)、新規インストール(カスタム)選択可能
△: 新規インストール(カスタム)のみ可能
※1 Windows Vista は、SP1 および SP2 適用済が対象
※2 32 ビット版から 64 ビット版、64 ビット版から 32 ビット版へは
   必ず新規インストールとなる

※3 Windows Vista Home Basic、Home Premium から
   Windows 7 Professionalへのアップグレードは
   新規インストールとなる


上の表と補足では理解しにくい!!という人にさらに補足。
XPからWindows7へは新規インストールのみ。
32ビット版→64ビット版 や、64ビット版→32ビット版は新規インストールのみ。
個人向けエディション(Vista Home Premium、Home Basic)から
 企業向けエディション(7 Professional)へは新規インストールのみ。

企業向けエディション(Vista Business)から
 個人向けエディション(7 Home Premium)へは新規インストールのみ。

下位エディションへのアップグレードの場合(Vista Ultimateから
 Windows7 Professionalなど)は新規インストールのみ。


購入の際はご注意を!

以上。
関連記事
ブログランキング参加中です。クリックで応援してくださいね→にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
Windowsの記事が多いのでWindowsカテゴリに参加中です。

テーマ : Windows 全般 - ジャンル : コンピュータ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。