スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング参加中です。クリックで応援してくださいね→にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
Windowsの記事が多いのでWindowsカテゴリに参加中です。

apacheをプロキシサーバとして使う方法

apacheをプロキシサーバとして使う方法についてのメモです。

・configure 時に、以下のオプションを付ける。

# ./configure --target=proxyd --prefix=/usr/local/proxy --enable-module=proxy

あとは、通常通り
# make
# make install

上記オプションにてプロキシサーバとして使用する場合、
通常のapacheとは以下の点が異なる。
プロセス名 :  proxyd
設定ファイルのディレクトリ : /usr/local/proxy/conf
設定ファイル名 : proxyd.conf

参考)通常のapache
プロセス名 :  httpd
設定ファイルのディレクトリ : /usr/local/apache/conf
設定ファイル名 : httpd.conf

通常のapacheと共存させる場合は、ポート番号の重複に注意。

以上。
関連記事
ブログランキング参加中です。クリックで応援してくださいね→にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
Windowsの記事が多いのでWindowsカテゴリに参加中です。

テーマ : Linux - ジャンル : コンピュータ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。