スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング参加中です。クリックで応援してくださいね→にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
Windowsの記事が多いのでWindowsカテゴリに参加中です。

Windows XP の便利なショートカットキー一覧!!

Windowsにはたくさんのショートカットキーがあります。

簡単なものだと、下記のものがあります。

・Ctrl + C キー (コピー)
・Ctrl + X キー (切り取り)
・Ctrl + V キー (貼り付け)
・Ctrl + Z キー (元に戻す)

実はショートカットキーには驚くほどの種類があります。
今回はWindows XP で使用可能なショートカットキー一覧の紹介です。
詳細は以下のとおり。
■一般的なショートカット キー
・Ctrl + C キー (コピー)
・Ctrl + X キー (切り取り)
・Ctrl + V キー (貼り付け)
・Ctrl + Z キー (元に戻す)
・Del キー (削除)
・Shift + Del キー (選択した項目を、ごみ箱に移動せずに完全に削除する)
・Ctrl キーを押しながら項目をドラッグする (選択した項目をコピーする)
・Ctrl + Shift キーを押しながら項目をドラッグする (選択した項目へのショートカットを作成する)
・F2 キー (選択した項目の名前を変更する)
・Ctrl + 右方向キー (カーソルを次の単語の先頭に移動する)
・Ctrl + 左方向キー (カーソルを前の単語の先頭に移動する)
・Ctrl + 下方向キー (カーソルを次の段落の先頭に移動する)
・Ctrl + 上方向キー (カーソルを前の段落の先頭に移動する)
・Ctrl + Shift + 方向キー (テキスト ブロックを強調表示する)
・Shift + 方向キー (ウィンドウまたはデスクトップの複数の項目を選択する、または文書内のテキストを選択する)
・Ctrl + A キー (すべてを選択)
・F3 キー (ファイルまたはフォルダを検索する)
・Alt + Enter キー (選択した項目のプロパティを表示する)
・Alt + F4 キー (使用中の項目を閉じる、または作業中のプログラムを終了する)
・Alt + Enter キー (選択したオブジェクトのプロパティを表示する)
・Alt + Space キー (作業中のウィンドウのショートカット メニューを開く)
・Ctrl + F4 キー (複数の文書を同時に開くことができるプログラムで、作業中の文書を閉じる)
・Alt + Tab キー (開いている項目を切り替える)
・Alt + Esc キー (項目を開いた順に切り替える)
・F6 キー (ウィンドウ内またはデスクトップ上の画面要素を切り替える)
・F4 キー (マイ コンピュータまたはエクスプローラでアドレス バーの一覧を表示する)
・Shift + F10 キー (選択した項目のショートカット メニューを表示する)
・Alt + Space キー (作業中のウィンドウのシステム メニューを開く)
・Ctrl + Esc キー ([スタート] メニューを表示する)
・Alt + メニュー内の下線付きの文字キー (対応するメニューを表示する)
・開いているメニューのコマンド名の下線付き文字キー (対応するコマンドを実行する)
・F10 キー (作業中のプログラムのメニュー バーをアクティブにする)
・右方向キー (右側のメニューを開く、またはサブメニューを開く)
・左方向キー (左側のメニューを開く、またはサブメニューを開く)
・F5 キー (作業中のウィンドウを更新する)
・BackSpace キー (マイ コンピュータまたはエクスプローラで 1 階層上のフォルダを表示する)
・Esc キー (現在のタスクをキャンセルする)
・CD-ROM ドライブに CD-ROM を挿入するときに Shift キーを押す (CD-ROM が自動再生されないようにする)
・Ctrl + Shift + Esc (タスク マネージャを開く)


■ダイアログ ボックスのショートカット キー
・拡張選択リスト ボックス内で、Shift + F8 キーを押すと、拡張選択モードが有効になります。このモードでは、方向キーを使用して、選択を変更せずにカーソルを移動することができます。選択を調整するには、Ctrl + Space キーを押すか、Shift + Space キーを押します。拡張選択モードをキャンセルするには、Shift + F8 を再度押します。拡張選択モードは、フォーカスを他のコントロールに移動したときにキャンセルされます。
・Ctrl + Tab キー (次のタブに移動する)
・Ctrl + Shift + Tab キー (前のタブに移動する)
・Tab キー (次のオプションに移動する)
・Shift + Tab キー (前のオプションに移動する)
・Alt + 下線付き文字キー (対応するコマンドを実行する、または対応するオプションを選択する)
・Enter キー (選択したオプションまたはボタンのコマンドを実行する)
・Space キー (選択したオプションがチェック ボックスの場合、チェック ボックスをオンまたはオフにする)
・方向キー (選択したオプションがオプション ボタンのグループの場合、ボタンを選択する)
・F1 キー (ヘルプを表示する)
・F4 キー (選択したリスト内の項目を表示する)
・BackSpace キー ([保存] または [開く] ダイアログ ボックスでフォルダを選択している場合、1 階層上のフォルダを開く)


■Microsoft Natural Keyboard のショートカット キー
・Windows ロゴ キー ([スタート] メニューを表示するか、または非表示にする)
・Windows ロゴ + Break キー ([システムのプロパティ] ダイアログ ボックスを表示する)
・Windows ロゴ + D キー (デスクトップを表示する)
・Windows ロゴ + M キー (ウィンドウをすべて最小化する)
・Windows ロゴ + Shift + M キー (最小化したウィンドウを元のサイズに戻す)
・Windows ロゴ + E キー (マイ コンピュータを開く)
・Windows ロゴ + F キー (ファイルまたはフォルダを検索する)
・Ctrl + Windows ロゴ + F キー (コンピュータを検索する)
・Windows ロゴ + F1 キー (Windows ヘルプを表示する)
・Windows ロゴ + L キー (コンピュータをロックする)
・Windows ロゴ + R キー ([ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開く)
・Windows ロゴ + U キー (ユーティリティ マネージャを開く)


■ユーザー補助のショートカット キー
・右 Shift キーを 8 秒間押す (フィルタ キー機能のオンとオフを切り替える)
・左 Alt + 左 Shift + PrintScreen キー (ハイコントラストのオンとオフを切り替える)
・左 Alt + 左 Shift + NumLock キー (マウス キー機能のオンとオフを切り替える)
・Shift キーを 5 回押す (固定キー機能のオンとオフを切り替える)
・NumLock キーを 5 秒間押す (切り替えキー機能のオンとオフを切り替える)
・Windows ロゴ + U キー (ユーティリティ マネージャを開く)


■エクスプローラのショートカット キー
・End キー (作業中のウィンドウの下部を表示する)
・Home キー (作業中のウィンドウの上部を表示する)
・NumLock + アスタリスク記号 (*) キー (選択したフォルダの下の階層にあるサブフォルダをすべて表示する)
・NumLock + 正符号 (+) キー (選択したフォルダの内容を表示する)
・NumLock + マイナス記号 (-) キー (選択したフォルダを閉じる)
・左方向キー (現在の選択フォルダを展開表示している場合は閉じる、または親フォルダを選択する)
・右方向キー (現在の選択フォルダを閉じている場合は表示する、または最初のサブフォルダを選択する)


■文字コード表のショートカット キー
・文字のグリッドで文字をダブルクリックした後、ショートカット キーを使用してグリッド間を移動できます。
・右方向キー (右または次の行の先頭に移動する)
・左方向キー (左または前の行の末尾に移動する)
・上方向キー (1 行上に移動する)
・下方向キー (1 行下に移動する)
・PageUp キー (1 画面上に移動する)
・PageDown キー (1 画面下に移動する)
・Home キー (行の先頭に移動する)
・End キー (行の末尾に移動する)
・Ctrl + Home キー (最初の文字に移動する)
・Ctrl + End キー (最後の文字に移動する)
・Space キー (文字を選択している場合に、拡大モードと標準モードを切り替える)


■Microsoft 管理コンソール (MMC) のメイン ウィンドウのショートカット キー
・Ctrl + O キー (保存したコンソールを開く)
・Ctrl + N キー (新しいコンソールを開く)
・Ctrl + S キー (開いているコンソールを保存する)
・Ctrl + M キー (コンソールの項目を追加または削除する)
・Ctrl + W キー (新しいウィンドウを開く)
・F5 キー (すべてのコンソール ウィンドウの内容を更新する)
・Alt + Space キー (MMC ウィンドウのメニューを表示する)
・Alt + F4 キー (コンソールを閉じる)
・Alt + A キー ([操作] メニューを表示する)
・Alt + V キー ([表示] メニューを表示する)
・Alt + F キー ([ファイル] メニューを表示する)
・Alt + O キー ([お気に入り] メニューを表示する)


■MMC コンソール ウィンドウのショートカット キー
・Ctrl + P キー (現在のページまたは作業中のウィンドウを印刷する)
・Alt + マイナス記号 (-) キー (作業中のコンソール ウィンドウのウィンドウ メニューを表示する)
・Shift + F10 キー (選択した項目の操作ショートカット メニューを表示する)
・F1 キー (選択した項目のヘルプ トピックを開く)
・F5 キー (すべてのコンソール ウィンドウの内容を更新する)
・Ctrl + F10 キー (作業中のコンソール ウィンドウを最大化する)
・Ctrl + F5 キー (作業中のコンソール ウィンドウのサイズを元に戻す)
・Alt + Enter キー (選択した項目の [プロパティ] ダイアログ ボックスを表示する)
・F2 キー (選択した項目の名前を変更する)
・Ctrl + F4 キー (作業中のコンソール ウィンドウを閉じる。コンソールに 1 つしかコンソール ウィンドウがない場合は、コンソールを閉じる)


■リモート デスクトップ接続の操作
・Ctrl + Alt + End キー ([Windows のセキュリティ] ダイアログ ボックスを開く)
・Alt + PageUp キー (プログラムを左から右に切り替える)
・Alt + PageDown キー (プログラムを右から左に切り替える)
・Alt + Ins キー (最近使用した順にプログラムを切り替える)
・Alt + Home キー ([スタート] メニューを表示する)
・Ctrl + Alt + Break キー (クライアント コンピュータのウィンドウ表示と全画面表示を切り替える)
・Alt + Del キー ([Windows] メニューを表示する)
・Ctrl + Alt + マイナス記号 (-) キー (クライアントの作業中のウィンドウのスナップショットをターミナル サーバーのクリップボードに保存し、ローカル コンピュータで Alt + PrintScreen キーを押した場合と同じ機能を実現する)
・Ctrl + Alt + 正符号 (+) キー (クライアントのウィンドウ領域全体のスナップショットをターミナル サーバーのクリップボードに保存し、ローカル コンピュータで PrintScreen キーを押した場合と同じ機能を実現する)


■Microsoft Internet Explorer の操作
・Ctrl + B キー ([お気に入りの整理] ダイアログ ボックスを開く)
・Ctrl + E キー (検索バーを開く)
・Ctrl + F キー (検索ユーティリティを開始する)
・Ctrl + H キー (履歴バーを開く)
・Ctrl + I キー (お気に入りバーを開く)
・Ctrl + L キー ([ファイルを開く] ダイアログ ボックスを開く)
・Ctrl + N キー (同じ Web アドレスで別のブラウザのインスタンスを開く)
・Ctrl + O キー ([ファイルを開く] ダイアログ ボックスを開く。Ctrl + L キーと同じ)
・Ctrl + P キー ([印刷] ダイアログ ボックスを開く)
・Ctrl + R キー (現在の Web ページを更新する)
・Ctrl + W キー (現在のウィンドウを閉じる)



ちなみに情報元はマイクロソフトのこのページです。

覚えると便利なショートカットキーもたくさんあるので、便利だと思うものだけでも覚えてみてはいかがでしょう?

会社のデスクにぜひ一冊
Windowsショートカットキーポケットリファレンス (Pocket reference)

以上。
関連記事
ブログランキング参加中です。クリックで応援してくださいね→にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
Windowsの記事が多いのでWindowsカテゴリに参加中です。

テーマ : パソコン関連お役立ち情報 - ジャンル : コンピュータ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。