スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング参加中です。クリックで応援してくださいね→にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
Windowsの記事が多いのでWindowsカテゴリに参加中です。

Solarisの/tmp以下のファイルが再起動で消えたり消えなかったりする理由

Solarisの/tmp以下のファイルは再起動で消える。
Linuxの/tmp以下のファイルは再起動では消えない。

だってSolarisの/tmp は物理メモリで、いわゆるRAMディスクだから、再起動すればメモリ内はクリアされる。だから消える。
Linuxの/tmp はHDDの領域だから、再起動しても消えない。

そういうものなんだと、ずっとそう思ってました。

しかし、Solarisでも/tmp以下のファイルが消えないマシンがあったんですよ。
で、疑問に思ったので調べてみました。

理由は以下のとおり。
/tmp以下のファイルが削除される場合と、削除されない場合がある理由は、
/tmpのファイルシステムの違いです。
(これはさっき言ったとおり、/tmpが物理メモリだったり、HDDだったりって事です)

--再起動時にファイルが削除される--
 ・/tmpがtmpfsファイルシステム
--再起動してもファイルは削除されない--
 ・/tmpがUFSファイルシステム


再起動で/tmp 以下のファイルが消えないSolarisは /tmp が UFSファイルシステムだったんです。
私が疑問に思ったマシンは、OS構築した人が /tmp にUFSファイルシステムを使うように設定してただけでした。


せっかくなので、見分け方。

●/tmp が tmpfsの場合
 # df -k
 swap xxxxxxx xx xxxxxxx 5% /tmp
 ~~~~~

●/tmpがUFSの場合
 # df -k
 /dev/dsk/c0t0d0s4 xxxxxxx xx xxxxxxx 5% /tmp
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ついでにUFSとtmpfsについて軽く解説。

 UFSはSolaris標準のファイルシステムで、HDDのフォーマットは基本的にUFS。
 もちろんHDDのデータは再起動しても消えない。

 tmpfsは、物理メモリを使用するファイルシステムで、UFSよりも高速にデータを読み書きできる。
 でも、物理メモリを使用するので、Solarisの再起動や、umountでデータは消える。
 
 実はHDDに設定したスワップパーティションも tmpfs
 (スワップパーティションは物理メモリが全部使われて、それ以上書き込めなくなったデータを一時的に退避する領域)
   ↑これは重要かも↑

以上です。
関連記事
ブログランキング参加中です。クリックで応援してくださいね→にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
Windowsの記事が多いのでWindowsカテゴリに参加中です。

テーマ : UNIX/Linux - ジャンル : コンピュータ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。