スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング参加中です。クリックで応援してくださいね→にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
Windowsの記事が多いのでWindowsカテゴリに参加中です。

uptimeコマンド出力の見方

# uptime
11:26:04 up 458 days, 13:25, 1 user, load averages: 0.67, 0.32, 0.36

SolarisやLinuxで uptime と打てば上記のように出力されるわけですよ。

さてこれが何を意味しているのか、どう見ればいいのかについて解説です。

詳細は以下のとおり。
11:26:04 up 458 days, 13:25, 1 user, load averages: 0.67, 0.32, 0.36
11:26:04現在時刻

11:26:04 up 458 days, 13:25, 1 user, load averages: 0.67, 0.32, 0.36
up 458 days, 13:25システム稼働時間

11:26:04 up 458 days, 13:25, 1 user, load averages: 0.67, 0.32, 0.36
1 userログインユーザ数

11:26:04 up 458 days, 13:25, 1 user, load averages: 0.67, 0.32, 0.36
load averages: 0.67, 0.32, 0.36システムの平均負荷
左から、1分5分15分の平均負荷
過去 1, 5, 15 分のシステムの平均負荷(ロードアベレージ)

ちなみに、平均負荷(ロードアベレージ)というのは、CPUの処理待ちのこと。

平均値なので、0.67とかだと、平均的に処理待ちが無くて良い感じ。
1だと、CPUがずっと使われてる。
2だと、1つ処理待ちがある。
5とか10とかだと、ぜんぜんCPU処理が追いついてない!!
もっと良いCPUに増強するとか、負荷の高い原因調査するとかが必要。

以上。
関連記事
ブログランキング参加中です。クリックで応援してくださいね→にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
Windowsの記事が多いのでWindowsカテゴリに参加中です。

テーマ : UNIX/Linux - ジャンル : コンピュータ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。