スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング参加中です。クリックで応援してくださいね→にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
Windowsの記事が多いのでWindowsカテゴリに参加中です。

DOS bootable usb-key(DOS 起動 USBメモリ) 作り方

BIOSのアップデートとか、fdiskを使いたい時とか、DOSのユーティリティを使いたい時とか、DOSのフリーソフトでHDDのデータを完全に消去したい時http://www.vector.co.jp/soft/dos/util/se196626.htmlとか、その他もろもろで、どうしてもDOSを使いたい時ってあると思います。
というか、ある。

そんな時、一般的にはフロッピーを使う。
でも、フロッピーからDOSを起動すると、読み込みが超絶に遅い。
しかもフロッピーは容量が少ないから、ちょっとしかデータが入らない。
もっとアクセス速度が早くて大量にデータが入れば便利なんだがなぁ…と。

CDブートするっていう手もあるけど、手軽に読み書きできる方が良い。

そこでフロッピーの変わりにUSBメモリからDOSを起動するという新発想。

DOS bootable usb-key
DOS bootable usb flash memory
DOS 起動 USBメモリ

とか呼び方は色々あるけど、名前なんてひとまず置いといて。

まずは、USBメモリを用意。
最近はUSBメモリも安くなったから、一本買うっていうのもアリだし。
昔使ってた小容量のUSBメモリを使うっていうのもアリだと思う。

■一般的な作り方
その1
 ・USBメモリをPCに接続後、DOS起動フロッピーからDOSを起動
 ・fdiskでUSBメモリをブータブルパーティションに設定する
 ・DOS起動ファイルをUSBメモリにコピーする
その2
 ・LinuxのfdiskでUSBメモリをブータブルパーティションに設定する
 ・DOS起動ファイルをUSBメモリにコピーする

……面倒だと思う。


ということで
■簡単な作り方
・専用ツール(HP USB Disk Storage Format Tool)を使う

--必要なファイルを入手ココから--
ttp://files.extremeoverclocking.com/file.php?f=197
↑↑ココのサイトから2つのファイルをダウンロード
・Windows98のDOS起動用ファイル
・HP USB Disk Storage Format Tool - v2.1.8


Windows98のDOS起動用ファイルは上のほうのWindows 98 system files available here. をクリックしてダウンロード
HP USB Disk Storage Format Tool - v2.1.8 は下のほうのPrimary Download Site をクリックしてダウンロード
--必要なファイルを入手ココまで--

・SP27608.exe(HP USB Disk Storage Format Tool)をダブルクリックしてインストール
・win98boot.zipを解凍

・USBメモリをPCに接続
・デスクトップに出来たショートカットからHP USB Disk Storage Format Toolを起動
・Device 欄から接続したUSBメモリを選択
・File System 欄 は FAT か FAT32 を選択(FAT32がオススメ)
・Volume label 欄は空欄
・Quick Format にチェック
・Create a DOS startup disk にチェック ←重要!!
・using DOS system files located at: 欄は、先ほどwin98boot.zipを解凍したディレクトリを指定
・Start を押す

これで出来上がり。簡単。

でも今のままだと、DOS起動に最低限必要なファイルしか、USBメモリにコピーされていないので、win98boot.zip の中身を丸ごとコピーしておくことをオススメする。
後は各自好きなDOS用ファイルをUSBメモリに入れて使おう。
ともかく一本作っておくと、何かと便利。
快適なDOS生活を~。


以上 ブログランキング参加中です。クリックで応援してくださいね→にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
Windowsの記事が多いのでWindowsカテゴリに参加中です。

テーマ : Windows 全般 - ジャンル : コンピュータ

コメント

ありがとうございました

■簡単な作り方
記事参考にさせていただきました。
ありがとうございます。

コメントありがとうございます。

お役に立てたようで幸いです。
更新頻度は低いですが、稀に更新してますので、機会があればまた見に来てください。
今後も便利な記事を書けるよう努力します。

もう一つの手段

更新頻度は低いですが、稀に更新してますので、機会があればまた見に来てください。

はじめまして。
私もDOS起動USBを作成した事があるのですが、以下のような方法を取りました。
参考までに。

 ~材料~
  ・USBメモリ
  ・DOS(PC-DOS 6.3、MS-DOS 6.2 は確認済み)
  ・vmware(playerでは2.xと3.0、Workstationでは3.6で確認)
 ~手順~
  ・USBを事前に挿しておく。
  ・vmwareで仮想マシンを作る。
   新規作成時にはHDDの設定は仮想ディスク
   しか選べないので、そのままで。
   また、インストールOSは「その他」から「DOS」を選択。
  ・仮想マシン選択画面から先ほど作った仮想環境を選択して
   「仮想マシン設定の編集」を選ぶ。
  ・『ハードウェア』タブの画面中央下付近の「追加」ボタンを押下。
   追加するハードウェアの種類は「ハードディスク」で。
  ・『ディスクの選択』では「物理ディスクを使用」を選択。
  ・『デバイス選択』ではUSBメモリと思わしきデバイスを選択。
   この際、ディスク名リストには
    ”PhysicalDrive0(数字は接続順に付けられる番号)”
   の様な形で表示されるので、解らない場合は、USBメモリを
   挿してないときに表示されていないドライブがどれかを確認
   (挿してないときにリストされた番号をメモしておけば大丈夫
   かと)してから選択すれば良いかと。
   また、「使用方法」は”ディスク全体を使用”しか試した事が無い
   ので、”個別のパーティションを使用”を選んだ場合はどうなるか
   解りませんw
  ・仮想マシンを起動。FDDなりディスクイメージなりでDOSを
   インストール。FDISK上での作業その他はこの時代にDOSを
   使おうと考える方なら説明は不要かとw
  ・仮想マシンへのインストール他の作業が終わったら仮想マシンの
   ”電源を切断”してvmwareを終了。各環境下におけるUSBメモリ
   の取り出し作業をすれば、DOS起動USBメモリの一丁上がりw
   

この手順での構築の利点は、
 「自分の望む環境を構築可能。かつ実行テスト/修正も可能」
と言う一点につきると思います。
また、DOSに限らず他のOSでも利用可能なのも見逃せないかもしれません。

暇を持てあましてたり、環境が整っていたり、必要に駆られている等の
状況であれば是非お試しください。

Re: もう一つの手段

おぉぉ。有益な情報ありがとうございます。
週末にでも試してみようと思います。
ありがとうございました。

追記

お返事ありがとうございます。
元々は「裸族のインテリジェントビルでRAID」から検索してた際に立ち寄らせていただいたんですがw
(だれか「4TBのHDDでやった」という豪の者は居ないのか・・・?)

で、タイトルなんですが、いくつか追記。

 ・USBメモリをHDDとして登録設定した後は、最初についてきた
  仮想ディスクを設定から削除、USBドライブの設定をプライマリ
  IDEの設定に切り替えておく(ちょっと前までだと趣味的な所で
  SCSIの0番にしておくところですがw)
 ・FDISKでパーティションを切る事も出来、USBブートした場
  合やvmwareで実行した場合は分割先も普通にアクセスできるが、
  Windows上からUSBメモリとして見た場合は、先頭のパーティシ
  ョンしか見られない為、データの受け渡しが必要な場合はその旨
  考慮するか、vmware上にFATフォーマットした仮想ディスクを用意
  しておいて、他の仮想環境(vmware tools組込済)でマウントした
  上でドラッグ&ドロップで等の方法でデータをコピー。その後、
  構築/テスト環境側でもマウントしてやり取りをする。
  (仮想DOS上に MS LAN MANAGER CLIENT(NT4.0のディスク内に
   入ってた奴で確認。ドライバ探すのに苦労しましたがw MSDNに
   お入りになられてるならお試しあれ。) を組み込んで(仮想)
   LAN上からファイルコピーと言う手もあります。まあお好み
   の方法でw)

まあ、この手法でやってるのはvmware側から直接USBメモリ内に
MBRを含めたディスク構造を構築してるだけ(仮想環境からは物理
ディスクとして扱われる為にこうなると予想)なんですが、お役に立
てれば幸いです。

Re: 追記

詠み人知らずさま
テクニカルな手法の追記ありがとうございます!
私もMSDNに入ってますので、一度試してみたいと思います。
ありがとうございました~。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Vaio Type PでVTを有効化する/Enabling VT on Vaio Type P

Click to view original size ここ数日感、こちらのサ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。