スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング参加中です。クリックで応援してくださいね→にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
Windowsの記事が多いのでWindowsカテゴリに参加中です。

SolarisでISOをマウントするコマンド

Solaris10でISOをマウントする方法。

/tmp/test.iso をマウントしたい場合。
lofiadm というコマンドを使います。

形式
 /usr/sbin/lofiadm -a file [device]
 /usr/sbin/lofiadm -d file | device
 /usr/sbin/lofiadm [file | device]

具体的な使い方は以下のとおり。
# lofiadm -a /tmp/test.iso ←/tmp/test.isoにブロックデバイスを接続する。
/dev/lofi/1 ←このデバイスに接続された。
以降、このデバイスをマウントして使用することになる。
# mount -F hsfs -o ro /dev/lofi/1 /mnt ←リードオンリーで /mnt にマウント。

あとは、念のため# cd /mnt で、マウントされたisoの中身確認するなり、
# df -k で確認するなりしましょう。

・ブロックデバイスの接続状況確認方法
# lofiadm /dev/lofi/1 ←/dev/lofi/1がどのisoと接続されているか表示。
/tmp/test.iso ←/tmp/test.iso に接続されていることが分かる。

使い終わった後は、以下のコマンドで解除。
# umount /mnt ←アンマウント
# lofiadm -d /dev/lofi/1 ←ブロックデバイスとの接続を解除。

・解除されてるか確認方法
# lofiadm
Block Device   File ←何も表示されないことを確認。

以上。
関連記事
ブログランキング参加中です。クリックで応援してくださいね→にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
Windowsの記事が多いのでWindowsカテゴリに参加中です。

テーマ : UNIX/Linux - ジャンル : コンピュータ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。