スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング参加中です。クリックで応援してくださいね→にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
Windowsの記事が多いのでWindowsカテゴリに参加中です。

routeadm コマンド Solaris10

Solaris10 でルーティング/フォワーディング を 有効/無効 にするコマンド

routeadm コマンド

オプションの意味:
-e : enable
-d : disable
-u :再起動後も設定有効
ipv4-routing : ipv4 のルーティング
ipv6-routing : ipv4 のルーティング
ipv4-forwarding : ipv4 のフォワーディング
ipv6-forwarding : ipv6 のフォワーディング


使用例は以下のとおり。
 # routeadm -d ipv4-routing -u
 ipv4 のルーティングを無効にする。(再起動後も設定有効)

 # routeadm -e ipv4-forwarding
 ipv4 のフォワーディングを有効にする。(再起動したら元の設定に戻る)


設定確認はオプション無しで
 # routeadm
と打つだけ。
関連記事
ブログランキング参加中です。クリックで応援してくださいね→にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
Windowsの記事が多いのでWindowsカテゴリに参加中です。

テーマ : コンピュータ - ジャンル : コンピュータ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。