スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング参加中です。クリックで応援してくださいね→にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
Windowsの記事が多いのでWindowsカテゴリに参加中です。

WindowsUpdateのパッチファイルを個別選択して、一括DLする方法

WindowsUpdateのパッチファイルを個別選択して、一括Downloadする方法です。

仕事でWindowsServerを扱っていると、パッチを取捨選択して取得したい時があります。
複数のサーバを同じパッチレベルにしたい時とかね。
まぁその場合は、WSUSサーバを構築すれば、簡単に複数のサーバを同じパッチレベルにできますが、WSUSサーバの無い顧客先で作業をするときにはパッチファイルを個別DLしたうえで持参する必要があったりするのですよ。
別に個別にダウンロードすれば良いのですが、一括DLするほうが楽ですよね?

方法は以下の通り。
Windows Update カタログ というマイクロソフト公式の素敵なサイトがあります。
http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/home.aspx
接続するとActiveXのインストールが求められます。

このサイトでDLできるのは以下のもの。
•デバイス ドライバー
•修正プログラム
•更新されたシステム ファイル
•Service Pack
•Windows の新機能

主な使い方は以下の通り。
1.右上の検索欄で欲しいパッチを絞る
例:「Windows Server 2008 R2」とか「Windows Server 2003 セキュリティ」など
2.ダウンロードしたいパッチを選択して「追加」を押す
3.「バスケットの表示」を押す
4.「ダウンロード」を押す

これでパッチを個別DLする手間が少し楽になります。

以上。
関連記事
ブログランキング参加中です。クリックで応援してくださいね→にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
Windowsの記事が多いのでWindowsカテゴリに参加中です。

テーマ : サーバー - ジャンル : コンピュータ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。