スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング参加中です。クリックで応援してくださいね→にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
Windowsの記事が多いのでWindowsカテゴリに参加中です。

AE-HPPMLというポタアン(PHPA)を買ってみた。

PHPAに興味を持ちましたが、お金がないので、AE-HPPMLというPHPA組み立てキットを買って組み立ててみました。

組み立て後にWALKMAN A846と組み合わせてみるとこうなりました。
ポタアン2
組み立ては はんだ付け だけなので簡単。
カバーの取り外しを簡単にするために、コーナンPROで「ステンマイクロキャップM2.6」を購入
AE-HPPML.jpg
蓋を外すために毎回ドライバーで回すのは大変なのでね。

WALKMAN のDockコネクタと接続するためにFiio L5を購入
fiioL5.jpg

電池は単4の4本で、30時間ぐらい使えたけど、毎回買い換えるのがもったいないので、eneloopを購入
eneloop.jpg
eneloopはここのサイトが最安値でした

ということでこうなりました。
ポタアン1

AE-HPPMLの構築はeneloop併せて8000円ぐらいでした。


で、肝心の使用感(レビュー?)です。
WALKMAN A846に直接ヘッドホンをつないだ方が音がクリアだった。
(ほんの少~~~~しだけ、AE-HPPMLを経由すると音がこもった)
なので、AE-HPPML不要です。(それだけWALKMAN のS-Masterがすごいということかも?です)

iPodのDockからAE-HPPMLにつなぐのなら、アリかもしれません。

あと、個人的に思うことは、プレーヤー、ヘッドホン、アンプはすべて同じぐらいの費用投資が必要だと感じました。
プレーヤーが2万円だと、ヘッドホンも2万、アンプも2万 です。
やっぱり1か所でも安くしようと思うことが間違いですね。ケチった部分がボトルネックになって足を引っ張っちゃいます。

持ち歩くのも重いので、今はWALKMAN A846にヘッドホンやイヤホン直繋ぎで使用しています。


おまけ

ネットで調べていると、コンデンサをSANYOのOSコンに変えると音が良くなったとかいう話がありました。
OSコン
交換してみたところ、ヘッドホンの片側からしか音が出なくなったので失敗です。
このOSコン、ひとつ300円以上したんですけど…。

以上。
関連記事
ブログランキング参加中です。クリックで応援してくださいね→にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
Windowsの記事が多いのでWindowsカテゴリに参加中です。

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

コメント

No title

 乱入、失礼致します。

 御存知とは思いますが、AE-HPPMLは、3V×2系統の電力構造に対しては、異常に王に大きな16V-1000μFと言うコンデンサを使う為、エイジングに結構時間がかかります。
 ましてや、半田付け後は、熱による一時的な劣化も有りますので…。

 自身、3個程組立てましたが、それぞれを平均すると、1日7時間駆動で、音の曇が取れるまで約4日、場の広がりが或る程度のレベルで安定するまで約3週間でした。

 後、基板のパターンが弱い為、一度取り付けた部品を交換するのは、結構骨が折れます。
 これも自身の体験で申し訳有りませんが、コンデンサは、部品本体側でリード線を切って取り外し、残ったリード線は、半田面を半田ゴテで暖めながら、表側からピンセットでゆっくりと引き抜き、最後に、吸引器で残った半田を可能な限り吸い取りました。

Re: No title

No_Oneさん。
情報ありがとうございます。
私の場合、エイジングとして、24時間駆動を1ヶ月続けました。(2週間ぐらいで半分あきらめてたのですが、悔しいので1ヶ月続けてみました)
しかしながら、AE-HPPML経由するのをやめる(WALKMANにヘッドホンを直接繋ぐ)と、やっぱり篭りが取れて音がクリアになった感じがするのです…。むむむ。

コメントありがとうございました!

No title

はじめまして
私もAE-HPPMLを買いましたが帰還抵抗が大きいためか残留ノイズが気になったため増幅率を決めているR11,12,21,22を1/3程度の値にしました。(ついでにゲインも下げました)
結果、感度110dbのイヤホンでも残留ノイズが聞き取りにくいレベルまで下がりそのせいか音質も良くなったように感じます。
位相保障用コンデンサの容量はそのままにしました。
音質に不満があるのでしたら是非お試しください。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。