スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング参加中です。クリックで応援してくださいね→にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
Windowsの記事が多いのでWindowsカテゴリに参加中です。

Intel Core i7

今月発売となる Intel Core i7 のレビュー記事が4Gamer.netに載ってました。

http://www.4gamer.net/games/043/G004345/20081102003/

Core i7で何が変わったかについては、Wikipediaより↓↓
-------------------------
 ・従来のノースブリッジによるメモリコントローラを廃止し、CPUに統合する。
 ・メモリはDDR3を利用し、上位製品はトリプルチャンネル、下位製品はデュアルチャンネルに対応。
 ・ポイント・ツー・ポイントで接続するQPIを採用したため、FSBという概念がない。
 ・L1および256KBのL2キャッシュをコアごと実装し、L3キャッシュは全てのコアで共有される。
 ・同時マルチスレッディング技術(SMT)であるHyper-Threading Technology(HTT)を実装し、その場合は4コア製品は最大で同時8スレッドの処理が可能。
-------------------------
とのこと。

まぁ簡単に言うと、OS上から見えるCPUが8個になって、メモリ3本並列処理ができるようになって、
速くなったって事ですな。

てか、FSBという概念が無くなってQPIを採用・・・?
QPIって何じゃい?
ということでググってみると、

-------------------------
QPIは、従来のIntel CPUのFSB(Front Side Bus)に代わる、高速インターコネクト。
アーキテクチャ的には、完全に一新。
QPIでは、インターコネクトの帯域が一気に倍増するだけではなく、CPU同士が直接続される。
-------------------------
とのこと。

何やら今回のCPUは今までのCPUと大幅に異なるみたい。

ちなみに先ほどの4Gamer.netのレビュー記事によると、速いけど、現行のCore2シリーズの方が早い場面もある。
っていう感じでした。

私は結構新しい物好きで、今はCore2Quadのマシンを使ってるんだけど、
今回のCore i7にはそこまで魅力を感じてないのが本音。
まぁ今のマシンでまったくストレスが無いからかも知れませんが…。

 ・CPU自体の大きさもCore2シリーズよりも一回り大きい
 ・発熱も、消費電力もCore2シリーズよりも多い。
 
もうちょっと小型で省エネで、エコなCPUだったら良かったなぁ…と思います。


今回のCore i7 で私が魅力だと思ったのは、

 ・CPUに負荷がかかったとき、負荷のかかったコアのみ、動作クロックを自動的に引き上げる。

っていう機能です。 Intel Turbo Boost Technologyだそうです。
これはかなりエコで良い。


ひとまず、発売されても、しばらく様子見がよさそう。

しかし、IntelのCore i7 といい、
MicrosoftのWindows7 といい、
7が付く新製品が多いですね。
スポンサーサイト
ブログランキング参加中です。クリックで応援してくださいね→にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
Windowsの記事が多いのでWindowsカテゴリに参加中です。

テーマ : コンピュータ関連 - ジャンル : コンピュータ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。